About Us

  • OPENED IN JANUARY 2021

  • 家族経営の小さな学校です

  • 子供のために特別に設計されています

  • 多くの公園、川、そしてたくさんの緑に囲まれた美しい庭のある学校です

  • 防火および耐震構造です

  • 安全な門扉と監視カメラを備えています

  • 美しい柏原ニュータウンに位置しています

  • 西武新宿線新狭山駅もしくは狭山市駅からバスで10分です

IMG_1693_edited_edited
IMG_1693_edited_edited

press to zoom
P1011046
P1011046

Garden

press to zoom
IMG_2112
IMG_2112

kids toilets

press to zoom
IMG_1693_edited_edited
IMG_1693_edited_edited

press to zoom
1/9

つの教室のうち、一つはアートスタジオです。教室からは専用庭にそのままアクセスできます。日中は太陽の光がたくさん降り注ぎ、自然光のなかでのびのびと過ごすことができます。大手インターナショナルスクールの改修実績豊富な建築事務所Design-Labによる作品です。家庭的な雰囲気の中、子供の安全と過ごしやすさを最優先に考えた設計となっています。

校長からのメッセージ

私の名前はイヴィッツァ 先生です。I love children! 私は子供たちの創意工夫を信じています。

 

私は情熱的な幼児教育者であり、常に精神的および専門的に成長しようとしています。

私は特に最も大切な子供たちのためにいつもできる限りのことをしてきました。彼らはいつも私を魅了してきました。彼らが学ぶ方法は非常にユニークで異なっています。学習プロセスは、大人が行う方法と比較してはるかに高速で簡単です。私は彼らの目をとおして世界を発見し、彼らの子供時代の一部になりたいと思っています。

 

私はスロバキアで生まれました。私は3歳の時から英語に触れてきました。私は15年以上、生後4ヶ月から12歳を中心とした子供たちに英語を教えてきました。私はチェコのプラハで学生生活を送る合間に小さな幼稚園でキャリアをスタートしました。それから私はアメリカに行き、 TESL / TESOL証明書を受け取りました。これは、教師としてのキャリアを始めるのに役立ちました。スロバキアに戻った後、私は様々な語学学校の非常勤講師として、また家庭教師として働きました。その間、私は多くの方法に出会い、教えてきました。時々、私は自分のものを柔軟に採用し、自習することによって私の教育スキルを向上させなければなりませんでした。

 

私は大学で英語の翻訳と通訳を専門に学び、文学士号を取得しました。卒業後、私は決心し、全人生を教育に捧げることに決めました。2013年に日本に移住し、インターナショナルスクールのフルタイムの就学前クラスの教師になりました。2016年、私は幼児教育部門のリーダーになり、東京キャンパスに異動しました。2016年後半、私は結婚し、家族に時間を割くことに決めました。そこで、2017年11月に小さな英語学校を開いて自分の夢に取り組むことにしました。

2019年、私は素敵な女の子の母親になりました。娘が1歳になったとき、私は娘が英語を学び、同時に母親と一緒にいることができる場所を探しました。そこで、私と夫は、庭のある居心地の良い家のような場所を見つけて、小さなインターナショナルスクールを設立することにしました。

ジョリーキッズインターナショナルスクールへようこそ!

IMG_2722.JPEG

MY DAUGHTER, PRACTICING THE ART

私の娘は壁に描いたことがありません。彼女が10ヶ月になり、一人で座れるようになったとき、私は彼女のために大きなスケッチブックを購入し、それを12個のクレヨンの箱と一緒に彼女の前に置きました。彼女が最初にクレヨンをつかんだとき、彼女は数行を走り書きしました。

毎日、毎週、材料を使って実験することで、自信と前向きな経験が生まれました。彼女は毎日素材を扱い続けながら、クレヨンにかける色と圧力を試し始めました。 1歳半までに、彼女はさまざまな線、パターン、色の組み合わせを落書きして作成することができました。彼女が2歳になったとき、彼女は実際に行っている活動について話し始めました。すばらしい!

彼女のコミュニケーションスキルは劇的に向上しました。彼女は非言語的な行動や感情を口頭で伝えることができました。彼女は2歳で最初の「ママの顔」を描きました。 2歳半のとき、彼女はパパの黒髪やママの茶色の髪など、非常にリアルな特徴を備えた「ママとパパのポートレート」を作成しました。最近は、にんじんはオレンジ、トマトは赤、きゅうりは緑など、リアルな色で果物や野菜を描くのが好きです。驚異的な進歩です!

毎日彼女を見て、芸術活動が実際に彼女の考え方を深めるのにどのように役立ったかに気づくことは、単に驚くべきことです。彼女の語学力は印象的です。彼女は2つの主要な言語{日本語とスロバキア語}を有し3か国語を話す子供です。彼女がプロセスに従事するときの自信と創造的な思考は非常に素晴らしいです。彼女の集中力と自信は急速に高まっています。彼女が解決できないような問題はありません。

          MISSION:

  • 質の高いバイリンガル教育を提供します

  • 私たちは量よりも質に焦​​点を当てています

  • 私たちは、一人一人の子供が百の可能性、百の言語、そして百の手を持つと信じています

  • 私たちは、成功した学習者、芸術、音楽、動きなどをつうじて、言葉でまたは言葉以外でコミュニケーションし、表現できる自信を持ったバイリンガルで自信のある子供になるように育てることに焦点を当てています

  • 遊びに基づいた指導方法は、生徒が自分の手で学習することを奨励することを知っています

  • 私たちは、各学生の創造性と大きなアイデアをサポートします

  • ​WE LOVE and TEACH THROUGH ART.

Philosophy

ジョリーキッズインターナショナルスクールでは、幼児教育の重要性を認識し、発達に適した学習体験の基礎を生徒に提供するよう努めています。私たちのプログラムは、さまざまなテーマとアプローチを取り入れています。私たちは厳密に1つの方法またはアプローチに従うだけではなく、それらを組み合わせて、各学生に適した独自の創発的なカリキュラムを作成します。

ジョリーキッズインターナショナルスクールとはどのような学校ですか?

 

 

ジョリーキッズインターナショナルスクールはレッジョ・エミリアのインスピレーションを得た学校です

ジョリーキッズインターナショナルスクールが高く評価しているレッジョ・エミリアアプローチの指導原則は次のとおりです。

  • 主人公、コミュニケーター、コラボレーターとしての子供

  • パートナー、養育者、ガイド、研究者としての教師

  • 教育制度の基盤としての協力

  • 「第三の教師」としての環境

  • パートナーとしての親

  • コミュニケーションとしてのドキュメント

 

レッジョ・エミリアにインスパイアされたアクティビティ

レッジョ・エミリアアプローチの創設者であるロリス・マラグッツィは、学習を有意義なものにするプロセスにおいて環境が中心的な役割を果たすと信じていました。彼は環境を第三の教師と定義しました。私たちは、実際の環境が子供たちのアイデンティティを形成するのに役立つと強く信じているため、オブジェクトの操作やアート作成により子供の好奇心を刺激し、創造性を育むのに役立つユニークな教室を作りました。

 

ジョリーキッズインターナショナルスクールには多くのアートが取り入れられています

 

アートとして:

  • 治療

  • コミュニケーション と 自己表現の手段

  • 教育の媒体

  • 普遍的な言語

私たちの学校は、屋内と屋外の両方のミニアトリエを備えており、生徒たちはアート活動を行います。彼らは芸術、有名な芸術家について学び、様々な芸術技術を実践し、多くの画材を使用します。また、さまざまなプロジェクトにも取り組みます。プロジェクトの作業は、教師主導ではなく、学生主導で行われ、子どもたちの協力と相互作用をつうじて実施されます。

 

ジョリーキッズインターナショナルスクールはマリア・モンテッソーリに 触発された学校です

 

マリア・モンテッソーリアプローチとは何ですか?

イタリアの医師、マリア・モンテッソーリによって開発されたアプローチです。子ども中心の教育的アプローチです。「教育は子供によって実行される自然なプロセスであり、聞くことによってではなく、環境の中で行われる経験によって獲得されるもの」とマリア・モンテッソーリ博士は言いました。ジョリーキッズインターナショナルスクールが重視するマリア・モンテッソーリアプローチの基本原則は次のとおりです。

  • 子供中心

  • マルチエイジ教室

  • 独立

  • 自由選択

  • 教師の指導

  • 実践学習、アクティブラーニング

  • 実世界の経験

  • 準備された環境

モンテッソーリに触発された実践的な生活活動

モンテッソーリでの実践的な生活活動は、目的のある活動です。それはすべての年齢に適用されます。実際の生活活動を行う際に、子供は自分のコミュニティや環境に対する調整力、集中力、自立心、責任感、尊重心を育みます。JKISは、自立した個人の成長、人生の準備、そして彼または彼女が自分で物事を行うのを助けるよう努めています。したがって、私たちの教育ブロックには、モンテッソーリに触発された「実践的な生活活動」が含まれています。私たちの学生は、とにかく何をする必要があるか(そしてやる気があるか)を学ぶことができます。彼らは自由にそれらのスキルを毎日練習することができます。

ジョリーキッズインターナショナルスクールは ジョリーフォニックス を取り入れています  

 

ジョリーフォニックスとは何ですか?

リーディング、ライティング、スピーキング、リスニング、ボキャブラリーを教えるための多感覚で徹底したフォニックスプログラムです。子供たちや先生にとってもとても親しみやすいプログラムです。子どもたちは名前ではなく、音で文字を学びます。それは音楽、言語学、身体運動感覚および対人知能を組み込んでいます。ジョリーフォニックスを使えば、子供たちは若い年齢でも短期間で読み書きを教えることができます。陽気なフォニックスで子供たちも発音を改善します。ジョリーフォニックスで学ぶことはとても楽しいです! 詳細については、www.jollylearning.co.ukをご覧ください。

IMG_1911.heic